DUOザクレジングバームは敏感肌でも安心?肌の問題について

皮膚のトラブルが多い人にとって、新たな洗顔料やクレジングを試す時は、色々と心配事が増えますね。1500円しないような安価なクレジングでも、30代の前半ぐらいまでは全くトラブルも無く利用できましたが、最近は年齢のせいもあり、安価なものを利用すると、皮膚がひりひりするような感覚を覚えたり、肌が乾燥しやすかったりと何かとトラブルを起こすようになってきました。

そのような肌トラブルが起き、アンチエイジングなども考え初めた時に、様々な洗顔料やクレジングを試してみたのですが、自分にあうものを見つけることができませんでした。今までと同じ感覚で、クレジングを探してもだめなのかもしれないと思った時に、出会ったのがDUOザクレジングバームでした。このクレジングを長期利用して、以前のように肌の問題が出てこないか?不安に思っている人が少なからず、わたし以外にもいると知って、色々と調べてみました。

DUOクレジングバームは、敏感肌が利用して安心なわけとは?

このクレジングバームを販売しているホームページをよく読んでみると、敏感肌にも適していると書いてあります。しかし、どうしてそう言えるのか?理由がないと簡単には信じられません。そのため、詳しく調べてみることにしました。

DUOクレジングバームは、合成着色料は不配合
着色料には自然由来のものと、科学的に製造された人工的な着色料の二種類があり、化粧品の着色には、どちらも利用されています。

科学的に製造された人工着色料は、一般に合成着色料と呼ばれ、場合によっては、食品でも利用しているものがあります。しかし、これらの合成着色料は、発がん性物質であります。赤色二号という合成着色料は、毒性が強いことでも有名です。

化粧品に利用されている合成着色料は、発がん性物質かどうかに関して極度に心配する必要はないですが、敏感肌の人の場合には、時として皮膚に様々な症状が出る場合があります。

合成着色料が含まれている化粧品を利用すると、敏感肌の人の場合は、アレルギー症状が出やすい傾向にあるそうです。長期に渡って合成着色料が含有している化粧品を利用することは、肌に負担をかけていることになり、吹き出物、湿疹、肌経の強い刺激を感じるなどのトラブルをおこしやくなるようです。

そのようなことが起こりやすくなるため、皮膚に直接つける化粧品は、合成着色料が含有されていない、自然由来なものを利用するのがよいと言われています。つまり、自然由来の着色料しか使用されていないクレジング洗顔料は、皮膚に負担のかけない優しい化粧品といえます。

アルコールが使用されていないDUOザクレンジングバーム
多くの化粧品はエタノールというアルコールが使用されています。水や油だけだと、化粧品の成分によっては、溶解しないものがあり、そのためにアルコールが使われているのです。化粧品にアルコール系であるアル、エタノールを一部含有させることによって、様々な成分を溶解させることができ、安価な化粧品を作り出すことができます。そのため、多くの化粧品にはアルコールが含まれています。

しかしながら、アルコールに過剰に反応してしまう、アルコール過敏症の人たちとってみれば、アルコール化粧品に入っていることは、有害でありこのましいものでありません。その点、DUOクレジングバームはアルコールが一切使用されていないので、アルコールに過敏に皮膚が反応してしまう人にはオススメの商品といます。

また、アルコール過敏症の人のほかにもアルコールを避けたほうがよい皮膚の状態というのは、乾燥している時です。アルコールは、肌に浸透せずに、その場で蒸発してしまうために、肌の水分を潤さずに、逆に奪ってしまうのです。

DUOザクレンジングバームは、旧表示指定成分不使用
以前は、化粧品の全成分を表示するということが義務化されていなかったので、危険性のある成分のみ表示していました。
どのような成分か、例をあげてのべてみます。
例えば、塩酸ジフェンヒドラミンですが、これは肌にはつけないほうがよいと言われている成分です。

DUOクレジングバームが、その他に敏感肌のためにおこなっていることとは?
上記で説明したほかにも敏感肌の人の肌トラブルを考えて、下記の点に注意して作られた化粧品です。

  • 合成香料不使用
  • 石油系油脂不使用
  • 鉱物油不使用

多くの化粧品に使われているような人口由来なものを含有していない点でも、DUOザクレジングバームは、肌の弱い人の事を考えて作られた化粧品であるということがわかりますね。ぜひ、肌トラブルでお悩みの方は、一度試してみるのはいかがでしょう。