DUOクレンジングバームの良い口コミと悪い口コミをわかりやすくまとめてみました。DUOクレンジングバームの評価や効果が一目瞭然!管理人も実際にDUOクレンジングバームを使用したので口コミ体験談を書き込みしてます!

DUOクレンジングバームの良い口コミと悪い口コミの評価まとめ!

DUOクレンジングバーム

あなたは間違ってない?正しいクレンジング方法とは?

投稿日:

そもそもクレンジングって?

普通の洗顔ではきちんと落とせない、お化粧をオフするのがクレンジングです。

クレンジング剤の主な構成成分は、馴染んだ化粧品を肌から浮かすオイル。そして浮いた化粧品を乳化させ、お湯で流しやすくする界面活性剤です。

界面活性剤はクレンジング剤だけでなく、服用・食器用の洗剤にも利用されています。これは界面活性剤にオイルと水を馴染ませる力があるためです。

そしてこのクレンジングで重要になってくるのは、クレンジングのやり方になります。

正しいクレンジングが出来ていないと肌トラブルは解決できませんし、むしろ症状を酷くしてしまう可能性さえあります。

肌の乾燥が慢性化している人や、肌が弱い・敏感な人は、クレンジングを見直してみると症状が緩和するかもしれません。

メイク&クレンジングの刺激を抑えるのが肝心!

お化粧をしたまま寝落ちしてしまった翌朝…お肌はかなりボロボロですよね。つまりお化粧ってとても肌に負担をかけているんです。

お化粧はいってしまえば肌を攻撃しています。また色素沈着などのトラブルの原因にもなりますので、しっかりとオフすることが必要です。

そしてしっかりとオフをするために、クレンジングを行うのです。

クレンジング剤は界面活性剤で化粧品を乳化させ、水やお湯、普通の洗顔料では対処できないメイクをスルッとオフしてくれます。

しかし!実は界面活性剤そのものが、お肌を刺激してしまう成分でもあるんです。

本当にお肌への刺激を抑えたいなら、お化粧をやめてクレンジングもしないのが一番でしょう。しかしそれは現実的じゃありませんよね。

出来る範囲でお化粧を薄くしたり、休みの日はすっぴんで過ごすなどすれば、がっつりクレンジングする機会を減らせます。

クレンジングの頻度を抑えられれば、お肌への負担を最低限にできます。

洗浄力の高いクレンジング剤のデメリット!

様々なスキンケアの中で、一番お肌に刺激を与えてしまうのが、クレンジングといわれています。

日々お化粧をすれば、日々クレンジングが必要になります。すると肌の深部にまで刺激が与えられてしまい、肌の自衛機能が弱まるのです。その結果、乾燥や敏感肌が進行してしまいます。

化粧を落とす際に受けるダメージは、ゼロにはできません。ですので、可能な限り刺激を少なくする方向に重心を置く必要があります。

  • 家に帰ったら即メイクオフ
  • 強い力で肌に圧や摩擦を与えない
  • 短時間で終わらせる
  • 化粧の濃淡やお肌の状態でクレンジング剤を変える

絶対にNGなのは「擦る」「時間をかける」こと。擦れば当然お肌は傷つきますし、クレンジング剤はすぐに流さないと肌のバリア機能をどんどん弱めてしまうのです。

特に、ふき取り式のクレンジング剤は全くお勧めできません。肌を確実に摩擦してしまいますし、一概にはいえませんが界面活性剤の含有量も多いためです。

目元など特に刺激に弱い箇所であれば、炎症を起こして肌が荒れたり、くすみ、黒ずみ、色素沈着の原因にもなります。

ばっちりメイクも一瞬で!というような謳い文句をつけられている拭き取りクレンジング剤多いですよね。

楽そうで惹かれがちですが、肌を擦ることに変わりはありませんから、結果的にお肌にはマイナスです。


お化粧にメイクオフ…どちらもお肌には刺激的

化粧品はどうしてもお肌を刺激してしまうもの。ですからちゃんとオフしなければ、様々な肌トラブルが発生します。

メイクアップしたのなら、しっかりとオフするのがルールです。

とはいえ、お化粧をよく落とせる強いクレンジング剤もまた、お肌を刺激してしまいます。またクレンジング力が弱い製品だと、界面活性剤の刺激自体は少なくても、お肌を擦りすぎたり長時間の洗顔になって結局刺激は減りません。

化粧をしても、オフをしても刺激は避けられないなんて、ジレンマですよね。

クレンジングが一番お肌を傷つけるスキンケア。その所以は、こういったところにあるわけですね。

プレミアアンチエイジング

-DUOクレンジングバーム
-,

Copyright© DUOクレンジングバームの良い口コミと悪い口コミの評価まとめ! , 2018 All Rights Reserved.